エイジングケア化粧品を選ぶポイント

肌の老化は20代後半を境目に始まります。

何もケアをしないでいると、シワやシミ、たるみが目立つようになりますので適切なケアをすることが大切です。

そこで注目されているのがエイジングケア化粧品ですが、種類が豊富にあるためどのエイジングケア化粧品を選べば良いのか迷ってしまいます。

エイジングケア化粧品を選ぶポイントとして、まず保湿成分が配合されているかどうかを確認しましょう。

肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下して外部からの刺激に弱くなります。

また、角質が固くなって毛穴が狭まり、少しの皮脂でも詰まりやすくなります。

その結果、ニキビができてしまいます。

こうした肌トラブルを防ぐためには保湿をして肌を潤わせることが重要ですので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿効果の高い成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。次に肌の酸化をふせぐ抗酸化効果がある成分が入ったものを選んでください。酸化とは活性酸素が増えたことによって細胞が傷つけられることです。
活性酸素は外部から侵入してきた細菌から細胞を守る重要な役割を果たしています。しかしながら増えすぎると正常な細胞まで傷つけてしまいます。活性酸素は紫外線やストレス、生活習慣の乱れによって増加します。

増加しないように対策をすることは当然ですが、できてしまった活性酸素を除去することで肌の老化を防ぐことができます。
除去する効果を持っているのがビタミンCです。

ビタミンCにはこの他にもシミの原因であるメラニン色素の生成を抑えたり、ニキビ改善にも効果があります。

さらにコラーゲンと一緒に配合されることによってコラーゲンの合成が活発になりますので、ハリのある肌になることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *